Joyeux Noel

クリスマス生まれのサルーキ、ノエルとその弟ニコルが織りなす日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

むかしのこと

某ビーグルブログに触発されて
ここに至るまでを少々。
ただ単に吐き出したいだけです。

私は幼いころから犬が好きで、でもなかなか自分のうちで犬は飼えませんでした。

小学校1年生の夏に転機は訪れました。
1番上の兄が捨て犬を連れてきました。
私大歓喜。親も兄が連れてきたのでしょうがないといった感じでそのままうちの子に。
名前は黒かったからクロ(笑)。おそらくラブラドールの雑種。
最初は小さくかわいらしかったのにいつのまにか
96_20130213215242.jpg
こんなにふてぶてしくなりました。
クロが捨てられたらいやだったので毎日引っ張られながら散歩していました。

95_20130213215240.jpg
ちょう雑な田舎の犬って感じでしょう?
このころは全く犬の知識もなく、しつけもできていませんでしたし
おやつなんて知らず、ビタワンをやねこまんまを食べて育ちました。
でも健康で毎日楽しくてうちに犬がいると思うだけで幸せでした。
しかし小学3年の夏に転機が訪れました。

クロが死にました。
正確に言うと私が死なせました。

それは暑ーい夏の日でした。
海に行って帰ってきて部屋で寝ていたら
母が仕事から帰ってきて一言「泣かないで聞いてね。クロが死んでるよ。」
なんのことかと一瞬訳が分からなくなりました。急いで外に出ていきました。
クロをつないでいた鎖が木に絡まっていました。
水を飲もうと必死に器めがけて地面を掘った跡がありました。
クロは毛が黒いです。そして今日はとても暑い日でした。
クロは横になって足をぴんとして眠っていました。
目にはハエがいました。
死後硬直が始まっていて触るととても堅かったのを覚えています。
いつもわたしが帰ってくるとクロは鳴きます。でもその日は鳴かなかったんです。
ちょうど海に行っていて疲れていたので気にしないで寝てしまいました。
帰ってきたら寝ないでちょっとでもクロを見に行けばよかった。
鳴かないのをおかしいと思っていればクロは今生きていた。

その日から私は犬を飼おうとは思わなくなりました。
幼いながらにショックだったみたいです。

97_20130213215243.jpg
そしてこの子はうちの子じゃないんですがうちの近所の子です。
おばあさんが1人で飼っている犬です。
名前はじろう。
この子はクロが来る前からずっと一緒にいました。
お母さんんわんこがじろう達を生んでいたのを発見したのが3歳の私です。
もっと言うとこの子のお母さんわんこに私とじろうは面倒を見られて育ちました。
つまり、じろうは私の兄弟です。
クロのショックを和らげてくれたのはじろうでした。

クロがいなくなってからじろうをお世話していました。
お散歩に行ったりデビフあげたり一緒に遠足に行ったり
家では犬は飼っていませんでしたがいつも犬と一緒にいました。
そうしていつのまにかじろうはわたしよりおじいさんになりました。

私が高校に入ったあたりからじろうの様子がおかしくなりました。
夜に吠えるようになり、吠えるたびになだめに行っていました。
吠えの次は泡を吹いて痙攣です。
その次は目が見えない、耳が聞こえないのかあちらこちらにぶつかるようになり、
おまけに私に噛みつくようになりました。
老化による痴呆、あとてんかんでした。
そのうちに立つこと、歩くこともできなくなりました。
毎日撫でに行きました。かまれても撫で続けました。
いつも話しかけに行きました。とにかくずっと撫で続けました。
ぼさぼさだった毛並みがツヤツヤになりました。
ふしぎなんですよ。毎日なでてるとちょっとずつちょっとづつ
目の光が戻るときが増えていくんです。
で、ある日じろうが家に来たんです!自分の足で!それもはしって!
信じられなくて奇跡って本当にあるんだと思いました。

その次の日にじろうは亡くなりました。老衰です。16歳でした。

じろうの家のおばあさんが後日教えてくれました。
亡くなる前の日にじろうが急に立って、ドアを開けてといったそうで
おばあさんが「もうダメか?(私の)家にあいさつに行ってくるのか?」と聞いたら
そのまま私の家に走って行ったそうなんです。
もうそれ聞いて号泣。
歩くことさえままならなかったくせに余計な気使ってんじゃないよと。

で、社会人になり今まで培った経験と知識と勉強で大丈夫だと思い
迎えたのがノエルです。おしまい。(ノエルのくだり短っ!)
暑ーい夏は今でも大嫌いです。

なんかもう収集つかなくなってきたんでやめます。
何が言いたいかっていうとわんこでもなんでも大切にしてねってことです。
捨てんなよって無理な繁殖させんなよって虐待なんてもってのほか!
迎えたならちゃんと最期まで一緒に居てくださいよってことでした。
犬ってやばい。思い出しててやばい。
この機会をくれたトマレンブログに感謝。

ちなみにこのブログのアドレス
クロじろうノエルなんですよ~!いつでも一緒!
9626noel.blog.fc2.com/

思い出すんじゃなかった。目から汗が止まらない。
にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村
[ 2013/02/13 23:28 ] 独白 | TB(0) | CM(2)
夜な夜なやって来ました、盛田の相方ササキチです☆触発されちゃいましたか。笑

それはさておき、なんだか辛い記憶を呼び起こしてしまいましたね…私も もらい泣きです(つд;*)
というのも、ブログで紹介したコロスケの母犬が「クロ」といぅ元野良なんです。色も同じで、ぅちのクロは耳立ちでした(*´ω`*)残念ながら写真は無いのですが、あまりに似ていたのでゥチのクロを思い出しました。コロスケの話ばかりしたので「私も思い出して」と言われた気がしました…

長々と申し訳ありません(=`ェ´=;)ゞ
またしんみりする前に おいとま致します!また覗きに来ます♪
[ 2013/02/14 01:35 ] [ 編集 ]
ササキチさん
見事に触発されちゃいました(笑)
いつか先代犬の話も書こうと思ってたのですが絶対に暗くなる…!と思いなかなか文章にできずにいました。
案の定湿っぽく!するつもりはなかったのに(笑)

あら!おんなじクロなんですね!すごい偶然!
今でも同じカラーの子を見ると切なくなります~。

わんこと過ごす日々ってやばいですよね。犬やばい(笑)
過去のわんこと過ごした日々があるから今のわんこともそれ以上に楽しく暮らせるんですよね♪
トーマス君も幸せそうだし!うんうん♪

ブログには湿っぽいことばかりつらつら流しちゃったけどやっぱり楽しかったなぁって思いますね~。
いい機会を下さって感謝しています!
[ 2013/02/14 06:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。