Joyeux Noel

クリスマス生まれのサルーキ、ノエルとその弟ニコルが織りなす日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノエルとの出会い

今日はノエルとの…。いやサルーキとの馴れ初めを語ろうかと・・・。

つらつら書いてたら長くなってしまいました。

私はサルーキという犬種は「サルキー」の名で図鑑の中だけで知っている犬種でした。
こんな感じ
saluki.jpg
「人気があります」って私見たことねーよ!って幼いながらに思っていました。
あとサルっていう文字に反応し(小学生だったんです)名前うけるー!って思っていました。
そういう犬がいるという認識程度。興味のかけらもありませんでした。

愛犬のラブMIXが死んでからまぁいろいろありまして
犬を迎えたいまま十数年がたち。私も犬の事をいろいろと勉強していました。

ようやく社会人になって、やっと犬を迎える準備ができまして、
私はボーダーコリー(ブルーマール)を迎えようと思ってた所でした。

社会人になっても犬の勉強は続けていて、図書館に行っていました。
その日私が手にした大きなその本はすべての犬種が事細かに載っている犬種大全集みたいなものでした。

ペラペラとめくってどれどれボーダーは・・・と探していて
なにげなく開いたページにクリームのサルーキの写真がでんとページに載っていて
(なんだこの生き物!?犬!?)って本気で思い、また、その写真のサルがほんとに美しくて
一瞬で一目ぼれしてしまいました。
ふと(あれ・・・?この犬って日本にいるの?っていうか飼えるの?)

それからはもうサルーキ一筋に、本を使い、ネットを使い、調べまくりました。
調べていくうちに
・オオカミから一番最初に分かれた犬のひとつ。
・起源は古く7000年前には壁画などに描かれていた。ミイラもあるよ。
・犬を不浄とするイスラム教でさえ「神が与えたもの」として大事に扱った。
 かのクレオパトラも寵愛した。
・飼えるよ。
などなど調べれば調べるほどサルーキにはまりまして。(結構こういう人多いと思う)

ボーダー・・・。君のことは忘れないよ。

決めた。私はサルーキを迎えるんだ。

親に言ったら、「大型犬を家ん中で飼うわげぁねぇべ、馬鹿ぇ」と一蹴。

私、ぷちん。心の中で覚えてろよと悪態を吐き
ブリーダーさんと連絡を取り合っていました。

どうしても図鑑のサルーキが忘れられなくクリームのサルーキはいますかと尋ねると
「いる」とのことで写真を送っていただきました。

送られてきた写真を見てお世辞にも素敵!かわいい!と言えない表情。
たよりない、さえないその表情。やる気のない犬。印象はこんな感じでした。
ブリーダーさんは譲る気あるのだろうかと失礼にも思ってしまった。(すみません)
まぁでも不思議なもので写真を見続けているうちに愛着みたいなものが湧いてきて
これも縁だと思い、さえないこの子を迎えることにしました。

問題は親をどう説得するか。しかし、奇跡が起きました。私の仕事休みの日に両親そろっての旅行。この日しかない。と思いました。

迎える前日の夜。笑顔で両親を見送り、その足でホームセンターに。
ケージ、ペットシーツ、トイレ、ベッド×3、首輪、リード、バリケン、おやつ、棚、タオル類。(給水器、フードはブリーダーさんが事前に下さいました。)すべて用意し
前から家にいるという設定をつくり、次の日を待ちました。

当日。曇り空。たまに雪。
胸の高鳴りは止まらず、空港へと車を走らせました。
空港ってボディチェックとかあるのかな。金属あるけど大丈夫かなとか思って行くと
貨物のほうだったか、係の人が来て
「犬?犬ですか~?」
はい。とだけ答えサインをしました。
「はい。こちらですねーじゃどうぞ~ありがとうございまーす!」

・・・。ノリ軽っ!

渡されたバリは重くて、でも嬉しくて、よろよろしながら車に到着。
バリのドアを開ける。出てこない。バリを分解。
そこには子犬にしては手足の長い生き物が震えていました。
とりあえず外に出しておしっこさせる。そしてさあ帰るぞ! ぷ~ん  ん?

うんこした!

第一印象:大丈夫かこの犬!

家に着くまでに犬もだいぶ慣れたのかじゃれまくっていました。
そして用意していた寝床で一晩し、次の日の朝。親が帰ってきました。
親「ちょっ・・何こ」私「おかえり!どうだった!」
親「いやそうじゃな」私「聞いてよ~ノエル昨日ここで寝たんだよー」
私「ほーらじーじとばーばだよー」ひょい
親「・・・・・・・。」

勝利!

puppynoel2.jpg

ノエルは晴れて家族の一員になりました。
結果論で今は良かったーだけど
迎えた当時は出ていけだったら家を借りる覚悟でした
しかも今は親のほうがかわいがっている現状。私の苦悩を返して(笑)

迎えた当日。疲れてすぐに寝てしまいました。
puppynoel3.jpg
これがいまでは
noel45.jpg
こんなことに(笑)

さえない顔だろうがなんだろうが今はノエルでよかったと思います。
きっとみんなそんな感じなんでしょうね。とか言ってみたり。

久しぶりに前の犬の写真引っ張り出してきたら泣けた。
元気でやっているのだろうか。彼には無知なばかりに申し訳のないことばかりをしたなあ。

許してください。君のおやつを食べたのは私です。

にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村
[ 2012/11/27 23:53 ] 独白 | TB(0) | CM(4)
こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。楽しいてくてくでお会いする、びびり柴系のももです。
ノエル君、小さいときも可愛いですね。
今は、紳士ってかんじで素敵です。
手作り服、拝見するの楽しみにしてます。
びびりのももですが、てくてくで会ったときは、よろしくお願いします。
[ 2012/11/28 12:48 ] [ 編集 ]
ももママさん

こちらでは初めまして!
いやいや、紳士には程遠いですよ。

楽しみにしてくれているのなら
頑張って作りますよー!
いつかてくてくのみんなにも
作れるぐらいになりたいんですけどね(-_-;)

こちらこそちょっかいばかり出してますけど
よろしくお願いします。
[ 2012/11/28 13:48 ] [ 編集 ]
一目惚れとか、写真を何度も見てると段々気になって来るのは俺もそうだったし、他の人もそうだと思う。
それにしても、親に内緒で準備して迎え入れるノエルママの行動力が凄い(汗)
ちなみに、ノエル君はどこから来たの?

[ 2012/11/28 22:07 ] [ 編集 ]
てれまくりさん

ブリーダーさんからもらった写真は今見てもやっぱりさえない顔です(笑)
あの時は行動力というか偶然の連続で本当に上手く事が運んだだけですよ。
まぁ確かに一晩で犬が元からいる風景を作るのは骨が折れましたが(笑)

ノエルは鹿児島出身です。
[ 2012/11/28 23:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。